とある飛行士への夜想曲 感想

画像


とある飛行士への夜想曲(上)(下)読み終わりました。
現在映画化されているとある飛空士への追憶から始まる、とある飛行士シリーズの最新作です。

とある飛行士への追憶で、出てきた飛行士の物語です。
その飛行士で帝軍の撃墜王の生き様が描かれています。圧倒的に物量で負ける帝軍が皇軍に猿と呼ばれ馬鹿にされながら、誇りを持って戦う話です。

感想としては、とてもよかったです。
戦争の意味、戦争で個人とは等、色々考えさせられます。特に下巻からからは、どうしようもない状況でも立ち向かう姿などが・・・。

是非このとある飛行士シリーズを読んで欲しいと思います。

とある飛空士への夜想曲 上 (ガガガ文庫)
とある飛空士への夜想曲 上 (ガガガ文庫)
とある飛空士への夜想曲 下 (ガガガ文庫)
とある飛空士への夜想曲 下 (ガガガ文庫)
とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)
とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック